鏡を見るたび、気になってしまうのが顔のニキビ、とても辛いですよね。

ニキビ対策として1番最初に考えられるのが、洗顔やスキンケアです。

 

ニキビ解消に「食事は関係ない」という人がいますが、これは大間違いです。

 

食べ物が原因で、ニキビができるということもあり、ニキビの発生原因も食生活の乱れが大きいという指摘もあります。

つまり、食べ物や飲み物を変えるだけでもニキビの改善は可能です。

 

 

ニキビを発生させないために、ニキビを治すために摂取したい食べ物や飲み物について、ご紹介します。

 

ニキビを治す食べ物

ニキビを治すためには、正しい洗顔やスキンケアも大切ですが、それと同時に食生活を見直すことも必要です。

 

ニキビを治す食べ物と併せて摂取したほうがいい栄養素をご紹介します。

ニキビを治すためには、「ビタミン群」が必須です。

 

ニキビを治す食べ物① ビタミンAを含む物

ビタミンAは、お肌のターンオーバーを促して正常に保つ効果があります。

 

ビタミンAが含まれる食べ物は、にんじん、ほうれん草、かぼちゃ、しその葉、レバー、うなぎなどです。

 

ニキビを治す食べ物② ビタミンB2を含む物

ビタミンB2は、皮脂の分泌を抑制する作用がありますので、ニキビ対策には効果的です。

ビタミンB2が含まれる食べ物は、卵、納豆、豚肉、いくら、たらこ、モロヘイヤなどです。

 

ニキビを治す食べ物③ ビタミンB6を含む物

ビタミンB6は、ホルモンの分泌を調整する働きがあるので、お肌の乾燥を防ぎ、潤いを保ち、ニキビの改善に効果的です。

ビタミンN6が含まれる食べ物は、まぐろ、かつお、いわし、さば、鶏肉、赤身のお肉、ニンニク、バナナ、豆腐などです。

 

ニキビを治す食べ物④ ビタミンCを含む物

ビタミンCは、皮脂の過剰分泌を抑制し、活性酸素を除去したり、炎症を抑える抗酸化作用があり、すでにできてしまったニキビが悪化して、炎症をおこすのを防いでくれます。

美肌には欠かせない栄養素です。

ビタミンCが含まれる食べ物は、いちご、レモン、キウイフルーツ、パプリカ、パセリ、ゴーヤ、ブロッコリーなどです。

 

ニキビを治す食べ物⑤ ビタミンEを含む物

ビタミンEは、ビタミンCと同様、活性酸素を除去する抗酸化作用もあり、血流促進作用もあり、お肌のターンオーバーが乱れるのを防ぐ役割があります。

ビタミンEを含む食べ物は、アーモンド、ヘーゼルナッツ、いくら、たらこ、豆腐、ジャガイモなどです。

 

ニキビを治す食べ物⑤ タンパク質・食物繊維を含む物

ビタミン群ほかには、お肌の細胞、コラーゲン、ホルモン、血液の材料にもなるタンパク質や、便秘が解消されると老廃物や毒素が出ていき、ニキビが出来にくくなるので食物繊維などもニキビを治す食べ物として良いようです。

たんぱく質が多く含まれる食べ物は、赤身のお肉、お魚、卵、豆腐、チーズ、ヨーグルトなどです。

食物繊維が多く含む食べ物は、ゴボウ、さつまいも、こんにゃく、弁米、納豆、きのこ類、豆類、キャベツなどです。

以上、ニキビを治す食べ物と栄養素をご紹介しました。

次は、逆にニキビに良くない食べものについて、ご紹介します。

 

ニキビに良くない食べもの

食べ物が原因でニキビを引き起こすこともあります。

また、どのような食べ物がニキビになりやすいのか、ニキビに良くない食べ物はどんなものかご紹介します。

 

ニキビに良くない食べ物① 糖分の多い食品

チョコレート、ケーキ、アイスなど美味しそうと感じる食べ物は多くの糖分が含まれています。

糖分を摂りすぎると、皮脂の分泌を抑えてたり、ターンオーバーを整えてくれるくれるビタミンB群を大量に消費します。

また、糖分には、皮脂の分泌を促進し、皮脂が硬くなって毛穴詰まりを起こす働きもあり、お肌の代謝が落ちてしまい、ニキビが出来やすくなって
しまいます。

糖分の多い食べ物は、市販の甘いお菓子、スイーツ、アイス、菓子パンなどです。

 

ニキビに良くない食べ物② 刺激の多い食品

激辛や刺激が強い食べ物もニキビの原因になります。

刺激の多い食べ物は、胃腸に悪い食べ物といわれています。

刺激の強い食べ物を大量に摂ってしまうと、胃腸が悪くなってしまい、消化がうまくいかず、毒素がたまってしまいます。

 

この毒素がニキビをできやすくなったり、ニキビとなって現われてくるのです。

刺激の多い食べ物は、キムチ、酢、レモン、唐辛子などです。

 

ニキビに良くない食べ物③ 脂っこい食品

脂っこい食事などしている方は要注意です。

動物性脂肪は、皮脂腺を刺激する働きがあり、必要以上の脂を摂ると過剰に皮脂が分泌されます。

そうすると、毛穴に皮脂がたまり詰まってしまい、ニキビが出来やすくなります。

また、血液の流れが悪くなり、お肌の代謝が低下、古い角質がたまることで、ニキビができやすくなるのです。

脂っこい食べ物は、揚げ物、バター、コンビニのお弁当、ポテトチップスなどです。

 

ニキビに良くない食べ物④ 食品添加物

食品添加物は体に入ると活性酸素が多く発生します。

その活性酸素によって毛穴に詰まった皮脂を酸化させ詰まりやすくなってしまい、過酸化酸素が炎症を悪化させ、毛穴を傷つけ炎症ニキビ
と発展させてしまいます。

食品添加物の多い食品は、市販のお菓子、菓子パン、ファストフード、冷凍食品、コンビニ食、レトルト食品、カップ麺などです。

では、次にニキビを治す飲み物をご紹介します。

 

ニキビを治す飲み物

ニキビを治す飲み物の中で、特に効果的な飲み物をいくつかご紹介します。

 

ニキビを治す飲み物① 水

水は、健康にはもちろん、ニキビのためには効果的といわれています。

水には代謝を促すという効果があり、消化がスムーズになり便秘など解消され、体を潤す力があり、ニキビや乾燥を防いでくれます。

また、お肌が生まれ変わるターンオーバーの促進もしてくれるので、ニキビを改善し、美しいお肌にしてくれます。

白湯もニキビ対策にもおすすめです。

 

ニキビを治す飲み物② ハトムギ茶

ハトムギ茶には、ビタミンB6が入っており、ニキビの原因となる皮脂の分泌のコントロールをしてくれます。

また、保湿を促すビタミンEも豊富に含まれています。

ニキビに効果が高いヨクイニンという成分が含まれており、このヨクイニンがお肌の新陳代謝を向上させ、お肌のターンオーバーを助ける作用があります。

数あるお茶の中でも、ハトムギ茶は特にニキビに良い飲み物といっても過言ではないと思います。

 

ニキビを治す飲み物③ 豆乳

豆乳には、大豆イソフラボンという成分が含まれており、ニキビに効果的といわれています。

ニキビの原因は、ホルモンバランスの乱れともいわれているので、この大豆イソフラボンはホルモンバランスを整えてくれる作用があります。

できるだけ、糖分が少ない無調整のものを選びましょう。

 

次は、ニキビに良くない飲み物をご紹介します。

 

ニキビに良くない飲み物

前述でニキビを治す飲み物をご紹介しましたが、では、逆にニキビに良くない飲み物にはどんな物があるのでしょうか。

ニキビに良くない飲み物は、次のような物があります。

 

ニキビ に良くない飲み物① 糖分を大量に含む飲み物

糖分は、消化されるときに体内のビタミンを消費してしまう性質があるので、糖分を摂りすぎるとお肌の状態を悪化させる原因になります。

炭酸ジュース、清涼飲料水には、糖分が大量に入っているので、注意が必要です。

できれば、あまり飲まないようにしましょう。

 

ニキビ に良くない飲み物② アルコール類

アルコールには、糖分が含まれており、分解するときにビタミンを多く消費するので、ニキビの治りが遅くなります。

また、アルコールは適度な量を摂るのは血行をよくしてくれますが、摂りすぎると、血行が促進しすぎてしまい、ニキビの炎症を引き起こしてしまいます。

アルコールは、ジュース類と同じように糖分が含まれるので、飲み過ぎてしまうと皮脂の分泌量も増え、毛穴をを詰まらせ、ニキビを発生させる原因となるのです。

糖分の多いアルコール類もニキビの大敵といえるでしょう。

 

ニキビ に良くない飲み物③ コーヒー(カフェイン)

コーヒーには、カフェインが多く含まれていますが、ニキビにとっては良くない飲み物といわれています。

なぜなら、カフェインは、体内に必要なビタミンやミネラルなどを排出されてしまう作用があります。

この排出されることにより、お肌の新陳代謝を低下してしまい、皮脂を多く分泌されることになり、皮脂が毛穴に詰まり、ニキビが出来やすくなります。

カフェインが含まれる飲み物は、コーヒーの他、緑茶、紅茶、ウーロン茶、ココア、コーラ、栄養ドリンクなどがあります。

コーヒーが好きな方、1日に何倍も飲んでいる方は気を付けましょう。

 

ここで紹介したニキビに良いもの、悪いものを参考に食生活を組み立てると、ニキビの悩み解決へグッと近くでしょう。