皆さんは中学生くらいのころニキビで悩んだりはしませんでしたか?

今も悩んでいる人はいると思います。
ニキビって一回できると中々治らなくてイライラした人もいたのではないでしょうか?

今回はニキビのぶつぶつを治す方法について紹介していこうと思います。

赤いニキビのぶつぶつを治す方法

まずは、赤いニキビのぶつぶつをメイクで隠すのではなく、完全に治す方法について紹介していこうと思います。

 

赤いニキビは他のニキビと比べると治しやすいといわれていますが、放置したり、手で触れたりしてしまうと、茶色くなって治りにくくなってしまいます。
そのため、赤いニキビのうちに直すことが重要になります。

 

改善するには、ビタミンC 誘導体が含まれた化粧水や美容液がオススメです。

これには、殺菌効果や炎症を抑える効果、活性酸素を抑制する効果、ターンオーバーを促進する効果が期待できます。

 

化粧水や美容液にビタミンC誘導体が含まれるものが多いですが、含有量をよく見て選んでいってください。

また、インナーケアとしてニキビの跡の回復をサポートしてくれるたんぱく質、ビタミン、ミネラルアドの栄養素をしっかり摂ることも大切です。

 

特にたんぱく質は人間の身体を作るのに必要不可欠な栄養素なので、毎食しっかり取り入れるようにしましょう。
たんぱく質は肉や魚、卵などに多く含まれています。

 

 

赤いニキビのぶつぶつはメイクで隠す

次は、できてしまったニキビのぶつぶつを一時的にメイクで隠す方法を紹介していきます。

 

ニキビを隠す際に最も使えるのがリキッドファンデーションです。
ニキビのある部分に叩き込むような形でなじませながら塗るのがポイントです。

 

一気に塗るのではなく、薄く塗っていくようにしましょう。

他にも、コンシーラーを使った隠し方もあります。

 

コンシーラーはリキッド系の物を使うのがオススメです。
コンシーラーはファンデーションで隠しきれなかった部分を補助することにも使えるので、リキッド系のものを一つ持っておくといいです。

 

ニキビの上に化粧をすると余計に悪化すると考えがちですが、やらないと逆にストレスになってしまい、ニキビの状態を悪化させたり増やしてしまう原因になってしまいます。

 

紫外線をもろに受けてシミになってしまう場合もあります。

なので、普段より薄くなってもいいから化粧はしっかりやっておいたほうがいいと思います。

 

用事がすんだら早めに化粧を落としてスキンケアを入念に行うといいですよ!