肌が綺麗な人はどんなスキンケアをやってるの?

と疑問に思ったことは何度もあると思います。

そこで、今回はそんな綺麗な人がやっている美肌の秘訣をご紹介します。

たった3つのことなので、すぐに実行できますよ!

3つの美肌の秘訣

美肌の秘訣①正しいスキンケア

まず、一つ目の美肌の秘訣は正しいスキンケアです。

正しいって何?と思うかもしれませんが、正直全然難しくありません。

次の2つだけ気をつければOKです。

・クレンジング、洗顔
・保湿

クレンジング、洗顔のポイント

クレンジングと洗顔で押さえておくべきポイントは次の3点です。

・ぬるま湯で行う
・力を入れてこすらない
・洗顔はしっかり泡立てる

特に洗顔は汚れを落とそうと擦りがちですが、一切擦らないイメージで行いましょう。

手のひらと顔の間に泡を挟んで滑らせるイメージです。

保湿のポイント

スキンケアでもっとも重要なのは、保湿と言っても過言ではありません。

肌が綺麗な人は、間違いなく必ずやっています。

「私はオイリー肌だし保湿は不要だよね」

と思う人もいるかもしれませんが、実は関係ありません。

保湿をしないと、肌が乾燥して、バリア機能が低下してしまうので、ニキビや吹き出物などの肌トラブルの原因になってしまいます。

ポイントは保湿が長続きするスキンケア商品を選ぶことです。

メイクの上から保湿できるアイテムを持ち歩いておくと、出先で乾燥してきた時にすぐ保湿できて便利です。

美肌の秘訣②正しい睡眠

正しい睡眠も美肌の秘訣です。

睡眠のポイントは次の2つだけです。

睡眠のポイント1: 必要な時間だけ寝る

年齢によって、睡眠に必要な時間が違ってきます。

25歳〜44歳:7時間
44歳〜64歳:6.5時間
65歳〜:6時間

この時間は目安ですが、東京医科大学の公式ホームページでも紹介されている時間です。

これまでの研究から、実際に夜間に眠ることのできる時間は、10歳代前半までは8時間以上、25歳は約7時間、45歳は約6.5時間、65歳は約6時間、と成人以降は年齢が上がるにつれて20年で約30分ずつ短くなっていくことがわかっています。

この時間を大きく超えたり、下回ったりすると睡眠の質が下がってしまうので、この目安に近い時間で眠るようにしましょう。

ポイント2:毎日一定の時間に起床する

毎日一定の時間に起床し、太陽の光を取り入れるようにしましょう。
睡眠のゴールデンタイムは22時〜2時と言われているので、なるべくその時間には寝ていたいところです。

ポイント3:夕食以降のカフェイン、寝酒は避ける

カフェインやアルコールを摂取すると、寝つきも悪くなってしまいます。

また眠れたとしても、利尿作用が働くので、夜にトイレに起きる原因になってしまいます。

ポイント4:明るさ、室温に気をつける

まず、快適に眠れるように温度をエアコンなどで調整しましょう。

また、明るいところで寝ると、睡眠が浅くなってしまいます。

必ず照明は消すようにしましょう。

美肌の秘訣③ストレス発散

美肌の秘訣の最後はストレス発散です。

ストレスというのは様々な問題を引き起こします。

例えば次のような問題です。

・ストレスによって皮脂の分泌が増え、ニキビができる
・ストレスで暴飲暴食になり、肌に悪影響をもたらす

 

このような問題を避けるために、定期的にストレス発散をうまくするのが綺麗な人がやっている美肌の秘訣です。

簡単にできる効果的なストレス発散方法をご紹介します。

ストレス発散法1:湯船に浸かる

普段お風呂で湯船に使っておらず、シャワーで済ませている人は意外に多いのではないでしょうか?

湯船に浸かるだけで、体の疲れだけではなく、心の疲れも癒してくれます。

毎日ではなくても、定期的に湯船に使ってみるのも良いでしょう。

ストレス発散法2:10分体を動かす

特におすすめは10分くらいジョギングすることです。

汗を流すというのは、想像以上にストレス発散に繋がります。

始めるまでがおっくうかもしれませんが、始めたら10分なんてあっという間です。

10分後には気持ちがスッとしてやみつきになっているかもしれませんよ。

ストレス発散法3:モヤモヤを紙に書き出す

今、もやもやストレスを抱えていることを、紙に書き出してみましょう。

そうすることで、どうすれば良いかがわかり、結果的にストレスがスッとなくなる場合も多いです。

一度、試してみてください。

まとめ

綺麗な人がやっている美肌の秘訣をご紹介しました。

ちょっとした違いですが、これを続けると将来の肌が大きく変わってきますので、意識してみてくださいね。