季節が冬になってくるにつれて顔にかゆみを感じてしまうことはありませんか?

 

この顔のかゆみは肌が乾燥してしまうことが原因であることが多いということは知っていますか?

 

今回はこの顔のかゆみを改善するための方法について紹介していこうと思います。

 

顔のかゆみは乾燥が原因

顔のかゆみが起こってしまう理由の多くは乾燥です。

時期にもよりますが、12月〜2月あたりだと特に多いです。

 

乾燥してしまうと、外部からの刺激に対しての保護をしてくれるバリア機能が低下してしまいます。

そのため、外気に触れているだけであってもそれが刺激につながってしまい、かゆみにつながるというものとなっています。

 

なので、乾燥してしまうとかゆみが出る可能性が高まります。

他にも、冬の空気は空気中の水分が減りそこに肌の水分も逃げてしまうことや、寒さが原因で体の血行が悪くなり、体のリズムが乱れてしまい、皮脂が減ってしまい、その分水分が蒸発してしまうことも顔のかゆみにつながってしまいます。

生活習慣の乱れも肌の乾燥を引き起こしてしまうので、規則正しい生活を送ることは大切になってきます。

 

顔のかゆみを改善する乾燥対策

次に紹介するのは、顔のかゆみを改善するための乾燥対策についてです。

この場合でかゆみが止まらない場合にはアレルギーなどの可能性があるので病院で専門家の指示を受けたほうがいいです。

 

乾燥対策としては、まず他の時期よりも丁寧に保湿、洗顔をするのが一番にあがります。

 

やり方としては、化粧水で十分に水分を補い、その後に乳液などで油分を補います。

 

乾燥している人は浸透性の高いものを選ぶことをおススメします。

 

冬だけ状態が悪くなる人は、冬だけ化粧水などを変えてみるのもありだと思います。

 

さらに、規則正しい生活を送ることも大切になります。食事においてはタンパク質やビタミンを多くとることを意識しましょう。睡眠時間もできるだけ確保しておくとよいです。

 

環境的な方面では、加湿器を付けたり、濡れたタオルなどの洗濯物を室内で干すなどの部屋の中の湿度を向上させることが大切になります。

 

今回は肌が乾燥してしまうことによる顔のかゆみの原因や悪影響、対策について紹介していきました。

 

顔がかゆくなってしまうのはとてもつらくて、治すのはとても大変ですがしっかり治さないと肌の状態がさらに悪くなってしまうのでできるだけ早く治せるように頑張ってください!