顔のニキビができる度、ニキビがかゆくなってしまう。

また、顔にニキビができると、ついついかきむしったり、つぶしたりしていませんか。

ニキビを潰すと治るのに時間がかかったり、跡が残ってしまうこともあります。

そこで、今回は、顔のニキビのかゆいときの対処法をご紹介します。

 

まず、顔のニキビがかゆい原因を知ることが大事なのでそこを簡単に見ていきましょう。

 

顔のニキビがかゆい原因とは

顔のニキビがかゆいのは我慢できないですよね。

かゆみという刺激は、気になりますし、辛いです。

そこで、なぜ顔のニキビがかゆいのか?ということですが、その原因は以下です。

肌の乾燥

 

顔のニキビがかゆくなる原因の1つは乾燥です。

また、顔のニキビの原因で多いのが乾燥だといわれています。

肌が乾燥すると、角質層のバリア機能が低下し、外部からの刺激が弱くなり、抵抗力がなくなり、肌荒れを起こしたり、かゆくなる原因になります。

ニキビができて、肌が乾燥するとニキビが悪化したり、ニキビの跡が残ったりするので注意が必要です。

 

雑菌の繁殖

ニキビといえば、すぐ浮かぶのが「アクネ菌」ですね。

でも、それだけではないのです。

実は、手で雑菌が繁殖してしまうことがあるのです。

清潔にしていても、実際には意外にたくさんの雑菌がついています。

その手で、顔のニキビを触ってしまうと、菌が繁殖してしまい、毛穴つまりニキビのかゆみの原因になることがあるのです。

また、手だけではなく、枕カバーやベッドカバーなども直接顔に触れるので、清潔にしましょう。

では、顔のニキビがかゆいと感じたときに出来る対処法はどのようなものがあるのでしょうか。

 

顔のニキビがかゆい時の対処法

 

顔のニキビがかゆい時の対処法1 冷却

顔のニキビのかゆみ、今すぐなんとかしたいですよね。

体があたたまると血管が広がり、かゆみが増します。

そんなときに有効な対処法は、保冷剤や冷やしたタオルなどで冷やすと、かゆみを和らげることができます。

即効性があるので、ぜひ、試してみて下さい。

 

また、かゆみが出やすい方は、ぬるめのお風呂に入ったり、室温を上げすぎないようにしましょう。

では、こんな定番な対処法のほかにはどんな対処ができるのでしょうか?

 

顔のニキビがかゆい時の対処法2 保湿

前述で、顔のニキビがかゆい原因の1つに肌の乾燥のお話をしました。

皮膚が乾燥すると、お肌のバリア機能が低下し、紫外線をうけやすくなったり、皮膚に雑菌が入りやすくなったりします。

乾燥肌を改善するためには、保湿が必要です。

セラミド、スクワランなど保湿効果が高い成分の入った美容液などがおすすめです。

普段からしっかり保湿を行って、バリア機能の低下を防ぐことを心がけましょう。

 

顔のニキビがかゆい時の対処法3 洗顔

ニキビができたからといって、つよくこすって洗顔したり、長時間洗いすぎたりすると逆効果です。

刺激の少ない洗顔料を使用するのがおすすめです。

スクラブ入りの洗顔料は、お肌に刺激があり、症状が悪化してしまうことがありますので、要注意です。

洗顔料はしっかり泡立てることで、細かい汚れを落としたり、お肌への摩擦を軽減できます。

 

顔のニキビがかゆい時の対処法4 紫外線対策

顔のニキビがかゆいときの対処法として、予防も大切です。

予防には、紫外線対策がとっても重要です。

紫外線対策は、ニキビの予防だけでなく、色素沈着の予防にも効果的です。

季節にに関係なく、日差しの強さに追い児手、普段から積極的にUVケアを行いましょう。

 

できれば1年中、紫外線対策を行うのがベストです。

 

顔のニキビがかゆくなるのは、ニキビが炎症を起こしてしまったときに発止します。

普段から、保湿、洗顔、紫外線対策をして、ニキビを防いで、健康的なお肌を目指しましょう。

以上顔のニキビがかゆいときの対処法3つをご紹介しました。