皆さんは自分に何かコンプレックスがあるでしょうか?
ないという人はほとんどいないと思います。

特に人から見られる部分である顔についてコンプレックスを何かしら持っている人は多いと思います。

今回はその中からそばかすについて紹介していこうと思います。

そばかすはコンシーラーで消えない?

そばかすはコンシーラーを使えば隠すことができます。

完全になくすには日差しから肌を守ったり、ビタミンなどの栄養素をしっかりとるなどの対策が必要で時間もかかりますが、一時的に隠すだけであるならば、コンシーラーで十分に役割を果たすことができます。

では、コンシーラーでのそばかすの隠し方というのはどのようにすれば良いのでしょうか?

そばかすをコンシーラーを使って消す方法

消し方は使っているファンデーションの種類によって異なります。

今回はパウダー系のファンデーションの場合と、リキッド系のファンデーションの場合で紹介していこうと思います。

パウダー系のファンデーションの場合

1.肌質に合ったスキンケアを行い、化粧下地を薄く肌に伸ばしていきます。

2.コンシーラーを指か筆にとって、気になる部分に乗せる。このときに隠したい部分より一回り大きく乗せましょう。

3.コンシーラーの周りをやさしくぼかしていきましょう。真上からぼかしすぎてしまうとまた見えるので、周りをまずはしっかりとやっておきましょう。

4.ファンデーションを全体に塗ります。

ナチュラルにしたい場合は筆を、他の場所もカバーしたい人はスポンジで塗るときれいに仕上がります。

このときにカバーした部分を筆やスポンジで軽くおさえるように乗せましょう。
それで、きれいに仕上がります。

リキッド系のファンデーションの場合

1.指やスポンジを使用して全体にファンデーションを塗ります。ムラがないようにしましょう。

2.パウダー系の場合と同じように指や筆を使って気になるところにファンデーションを乗せましょう。

3.周りをぼかすようになじませます。やりすぎには注意してください。カバー力が強いものを使う際には一度指や筆になじませてから使ってください。

4.コンシーラー、ファンデーションが終わったらしっかりと隠せているか確認しましょう。できていない場合はその部分だけ追加で少量ファンデーションを乗せて、優しくぼかします。

5.仕上げにパフか筆でフェイスパウダーを乗せますはじめにコンシーラーを使った部分から軽く乗せ、その後に全体に塗るといいです。

そばかすを隠すコンシーラーの色の選び方

コンシーラーの色はいくつか色を持っておくといいいです。

複数持っていると色を混ぜたり自分に合った色を選ぶことができるからです。

また、シミの色にも濃さの度合いが違うこともあります。

色は、明るい色と暗い色を選ぶことをおススメします。

最後に注意点ですが、コンシーラーを一度に乗せすぎないようにしましょう。

少量ずつ塗るほうが仕上がりが良くなります。
手間はかかりますが、こっちのほうがきれいになるのでぜひ試してみてください。