じめじめと蒸し暑く湿度が高い夏ですが、実はお肌は乾燥しやすい状態にあることを知っていますか?

今回は夏になると肌荒れしやすい人の肌荒れの原因とその対策を紹介します。

 

夏に肌荒れしやすい人の原因

 

夏の肌荒れの原因、それはお肌の乾燥です。

夏に乾燥と言うと、意外と思われるかもしれませんが、隠れたところで乾燥しています。

ギラギラと照り付ける夏特有の強い紫外線はお肌の表面だけではなく内部まで届いて細胞を傷つけ、お肌の乾燥を促してしまいます。

紫外線だけでもお肌にとって大きなダメージですが、実はどこに行ってもかかっているエアコンもお肌を乾燥させる大きな原因です。

冷房が効けば効くほど室内の湿度が下がっているため、気づかないうちにお肌から水分が逃げてお肌の外も中もボロボロになってしまうのです。

外は湿度が高いため肌が乾燥した状態にあると気づかずに乾燥に対するケアが不足してしまうこと、これこそが夏の肌荒れの原因と言えるでしょう。

 

夏に肌荒れしやすい人の対策とは?

自覚のない乾燥肌(肌の表面はオイリーにも関わらず肌の内部が乾燥している状態、別名インナードライ肌)の女性は非常に多いと言われていますが、夏の隠れ乾燥による肌荒れを防ぐにはどうしたら良いでしょうか。

 

夏の肌荒れ対策その1:体の中から潤いチャージ、しっかり水分を摂ろう!

外にいれば暑くて汗をかくため喉が渇いて水が欲しくなりますが、エアコンの効いた室内にいると汗をかかないため喉の渇きを感じにくく水分摂取がおろそかになりがちですよね。

快適な室温で喉の渇きを感じなくても体やお肌からはどんどん水分が失われていますので、意識して水分を摂るようにしましょう。

ただし暑いからといって冷たいものをがぶ飲みするのはNGです。

常温のものかあるいは温かいものを飲むようにしましょう。

理想は1日2L以上の水分を水で摂ることです。

砂糖たっぷりの清涼飲料水ではカロリーオーバーになりがちですし、お茶やコーヒーではカフェインによる利尿作用でせっかく摂った水分の意味がなくなってしまいます。

 

夏の肌荒れ対策その2:しっかり保湿をしよう!

湿度が高い夏の夜は保湿をしなくても肌がなんとなくしっとりしている気分になってしまいがちですが、夏だからこそしっかり保湿をすることが重要です。

とはいえそれなくても肌がべたべたする夏にしっとりしすぎる化粧水や乳液を塗りたくないですよね。

そこでおすすめしたいのがさっぱりタイプの化粧水や乳液です。

湿度が高い季節にはたくさん使ってもべたつかずさらっとするタイプのもの、メントールやハッカ油などのひんやり成分が入ったタイプのものがおすすめです。

入浴後や化粧前はたっぷりと化粧水を使い、乳液やクリームでしっかりと保湿をするように心がけましょう。

今回は夏の肌荒れの原因とその対策を紹介しましたが、いかがでしたか?

今年の夏はしっかり水分を補給して保湿も忘れず、肌荒れを防ぎたいですね。