顔のたるみにエクササイズは効果あり?

たるみの主な原因は顔の筋力の低下です。脂肪を支えているのは柔軟に伸び縮みする筋肉です。

老化や疲労が原因で筋肉が硬くなり、伸び縮みしにくくなると脂肪を支える力が弱まります。

 

また、筋肉は使うことで強くなるのですが、硬くなった筋肉は動かしにくいので育ちにくくなります。

顔の筋肉は38種類と豊富です。

 

ソフトなエクササイズで全体の血行を促して筋肉を柔軟にし、ハードなエクササイズで良く伸び縮みする筋肉を作りましょう!

 

顔のたるみに効果的なエクササイズ

身体は全身繋がっています。

全身の血流を良くしてから、特に気になる顔のたるみにアタックするエクササイズを行いましょう。

 

エクササイズ方法

1 まずは鎖骨リンパ節を開きましょう。

最終的に全身のリンパ液があつまってくる重要なリンパ節。

ここが滞ってしまうと顔が凄く浮腫みます。

つまり、血流やリンパの流れも悪くなるので筋肉が硬くなり、たるみの原因になります。

鎖骨を下に軽く押し下げながら、上を向いてあごを突き上げましょう。

そのまま3秒キープ×2回

2 つぎに耳下リンパの流れを促すために、首を大きく回しましょう。

8秒カウントで1周。左回り2回、右回り回。

コツは首筋がぐーっとしっかり伸びるように回すこと。

首周りには太い血管があるので流れがよくなると一気に顔色もよくなります。

3 ポリバケツと口を最大に大きく開けながら5回言いましょう。

終了後は顔の筋肉に軽い疲労感が残るようならしっかり動かせた証拠です。

ぽ 口を縦長に開き、ほほが凹むように。

り 口を横にいっぱい広げる。首筋が張る感じ。

ば 大きく縦に口を開く。

け 口を広げ、広角をあげる。

つ 口をすぼめて前に突き出す。

 

顔のシワにもエクササイズが有効?

シワの原因は真皮層のコラーゲン、エラスチンなどの弾力を保つ繊維が減少する事。

減少したところに外的刺激が加わるとシワができてしまいます。

 

例えば、目尻のシワ、眉間のシワなどはまさに表情筋の動きに沿ってできたシワです。

これをエクササイズで完全に消すのは難しいのですが目立ちにくくすることは可能です。

 

エクササイズをすることで顔の筋肉が柔軟になります。

それだけでも額や眉間のシワは目立ちにくくなります。

また筋肉が動くことで血行やリンパの流れが良くなるので、コラーゲンやエラスチンを作っている繊維芽細胞の働きもよくなります。

 

血液やリンパ液には栄養を運んで老廃物を除去する役割があるので血行やリンパの流れが良くなる事で線維芽細胞の環境がよくなり元気に働くようになります。

またほうれい線はたるみの影響が大きいのでエクサイズすることでかなり目立ちにくくなります。

 

ほうれい線に有効なエクササイズ

1 口の中で舌をぐるっと一周回して、ほうれい線をなぞる。左回り2回+右回り2回

2 頬を左右交互に膨らませる。20回

3 ほうれい線の部分を口の中から舌でなぞる。左5回+右5回