皆さんは化粧が薄いといわれて嫌な気分になったことがありますか?

化粧が薄いというのは少しの工夫で改善することができます。

 

今回は化粧が薄いといわれてしまう原因と、改善する方法について紹介していこうと思います。

 

化粧が薄いといわれる理由

 

まず、最初に紹介するのはなぜ化粧が薄いと言われてしまうかについてです。

 

理由としては顔の種類によりますが、顔立ちがはっきりしている人は化粧が薄く見られやすいです。

そのため印象が化粧してもしなくても変化しにくいというものがあります。

 

他にも、ベースメイクがしっかりできていないことや口紅などの違いもあります。

 

ここまでで、自覚がある人は次に紹介する方法を参考にしてはいかがでしょうか?

化粧薄いと言われたくない人のための工夫

ここからは化粧が薄いと言われたくないという人のために工夫のやり方について紹介していこうと思います。

 

まず、薄い人は目の存在感を出すことが大事です。そのためにアイメイクをやりましょう。

 

 

やり方はマツゲの隙間を埋めるようにしっかり引き、目の幅を広くしたい方は眼尻より12㎜長めに引きます。

このとき、たれ目が好きな人は眼尻より下へ、釣り目が好きな人はやや上に持っていくといいです。

 

マスカラもしっかり使いましょう!

マツゲの毛量が多くなると、目に陰影ができてメリハリのある目元になります。

かわいらしくしたい方は黒目の上を重点的に、セクシーな感じにしたいなら眼尻の部分を重点的にボリュームアップするといいです。

 

他にもリップメイクで唇を大きくしてみるのもいいです。

やり方は、まずリップライナーで輪郭を取ります。

その後にラインの内側を丁寧にリップカラーで色を付けてその上に艶間のあるリップグロスを乗せれば立体感が出てきます。色は血色良く見せるためにピンク系の色を使うことをおススメします。

 

化粧薄いというのは誉め言葉

最後は、化粧が薄いというのは決して悪い意味で言っているわけではないということについて紹介していきます。

 

化粧が薄いというのは悪い意味でとらえる人もいますが、男性からしたら化粧が濃い人が好きでない人は結構多いです。

 

頑張ってもナチュラルメイクみたいな感じになるので考えによっては頑張らないといけない人たちよりも断然有利になります。

ですから、化粧が薄いと言われても気にする必要はないと思います。

 

 

今回は化粧が薄いといわれることについて紹介しました。

 

化粧が乗りやすい人、乗りにくい人はいるのでその中からでも自分に合った方法を探していくのが良いと思います。