ダイエットに励んでる皆さん、順調に進んでいるでしょうか?

ダイエットは苦痛というイメージがあるかもしれませんが、食事と運動を適度に混ぜていくことで、自分の理想とする体に近づくことができますよ!

今回はダイエットの中でも背中を引き締める有効な方法を紹介しますね。

 

背中をダイエットする方法1

背中を引き締める方法ですが、筋トレをするのがベストなので、種目を3つ紹介していきます。

まず、一つ目がラットプルダウンと呼ばれる種目ですね。

こちらの種目は主に広背筋と呼ばれる部分を鍛える種目で、上からバーを下ろすことで、背中が鍛えられる種目なんです。

 

ポイントとしてはバーを握る手には力を入れずに、肩甲骨を寄せるイメージでバーを下ろしましょう。

 

握ってる手に力が入ると、どうしても腕の力でバーを下ろそうとしますが、それでは背中に効かせることができません。

手は添えてるだけで、背中からバーを下ろすというイメージで行うと、背中に利いてくるでしょう。

 

背中をダイエットする方法2

背中の種目、2つ目です。

ワンハンドローイングと呼ばれる種目です。

この種目は、片方ずつ行うトレーニングで、ダンベルを使用します。

 

ダンベルがないと言う人は、ペットボトルに水を入れて行ってもいいでしょう。

ベンチや椅子を用意します。

右の背中を鍛えたいのなら、左の膝をベンチや椅子についてください。

左手もベンチや椅子についたら、右手にダンベルを持ち、下に下ろします。

そこから、背中の筋肉を使って、ダンベルを持ち上げるという動作です。

こちらも腕で上げるというよりは、背中を中心に寄せる意識でダンベルを上げることで、背中に効いてきます。

 

後は、背中を丸めないようにしましょう。

背中を丸めてしまうと、背中の筋肉が収縮しなくなって、全く効き目が無い状態になってしまいますからね。

 

背中をダイエットする方法3

次の種目はデットリフトと呼ばれるものです。

背中を鍛える上でも代表的な種目といえるでしょう。

デットリフトは中腰の姿勢から下にある重りを持ち上げることで、背中に効かせるという種目になります。

背中を全体的に鍛えられますし、同時に足を鍛えることもできるので、ダイエットに向いてる種目ですね。

こちらも背中が丸まらないようにするのが大事です。

背中に効かせられないどころか、怪我をしてしまう恐れがあるので、気をつけましょう。

お尻を突き出して、背中を真っ直ぐにすることがポイントです。