短期間というとどれくらいの期間なのでしょうか。

 

短期間というとやはり1ヶ月くらいなのかなと思います。

 

しかし、1ヶ月ということにとらわれず、どれくらいの期間で達成するのかを決めておくといいでしょう。

 

いつまでにという期間を決めておけば、ダイエットのモチベーションもきっと上がるはずです。

 

短期で10kgのダイエットを目指す場合の注意点やおすすめのダイエットの方法を伝授します。

 

短期で10キロ痩せるダイエット方法とは?

10kgというのは相当な数字です。

 

やはり、10kg痩せるには運動や食事なども見直さなければいけません。

 

食事、運動の観点から10キロダイエットするための方法をご紹介していきます。

 

短期で10キロダイエットする方法 食事

ダイエットの基本は、摂取カロリー<消費カロリーです。

つまり、摂取カロリーよりも消費カロリーを増やすと体に取り入れられるカロリーが減るということです。

 

また、摂取カロリーを減らすことでも消費カロリーが上回りやすくなります。

 

では、摂取カロリーを抑える食事方法にはどんなものがあるのでしょうか。

 

短期で10kg痩せるための糖質制限ダイエット

それは、糖質制限ダイエットです。

 

糖質制限ダイエットは、ごはん、パン、うどん、ラーメンなどの炭水化物、果物、砂糖を使ったもの、
また、ジャガイモやトウモロコシ、にんじんなどの一部の野菜などを避け、高タンパク低糖質な食事にするというものです。

 

糖質を摂取することで分泌される「肥満ホルモン」インシュリンを抑え、体脂肪をエネルギーをして使うようになるからです。

 

糖質の摂りすぎが肥満の原因になっているのは確かなようです。

では、1日3食の場合、どのように食べたらいいのでしょうか。

 

「糖質制限食」の3パターンを紹介します。

 

1 スーパー糖質制限食

3食とも主食なし。効果は抜群で早く、一番のおすすめです。

2 スタンダード糖質制限食

朝食と夕食は主食抜き。

3 プチ糖質制限食

夕食だけ主食抜き。

 

この場合の、抜く必要がある主食とは、米飯、めん類、パンなどの米、麦、イモ類などの炭水化物です。

 

このなかで、短期に10kg痩せるために一番効果的なのは、3食主食を抜くスーパー糖質制限食です。

この方法で無理な方は、炭水化物をこれまでの半分〜3分の1にする。

1日の糖質量を100g〜180g程度にする。

 

これだけでも短期間で体重に変化があります。

短期で10キロダイエットする方法 運動

次は、短期で10kgダイエットする方法として、運動の観点でお話していきます。

 

ダイエット達成の近道には、食事制限とあわせてやはり運動は効果的です。

 

それも10kg減量するのであれば、なおのこと、運動を取り入れるのはとても有効です。

運動の中で特におすすめなのは、有酸素運動です。

 

有酸素運動を積極的に取り入れましょう。

ウオーキングやランニングは有酸素運動なので、ダイエットに欠かせない脂肪燃焼を効果的に行うことができます。

 

なにより、筋肉をつけることができ、基礎代謝量を増やすことが出来ます。

 

また、もしウオーキングやランニングで足への負担がつらい場合は、水泳でカロリーを消費するのも良いでしょう。

体重が重いと膝や足裏への負担が多いので、水中での運動から始めるのがいいかもしれません。

水泳が苦手な人は、水中の中で歩くだけでも効果があります。

水泳は、水の浮力で力を借りるので、体への負担を軽減することができます。

 

短期で10キロダイエットする方法 サプリ

 

次に、短期で10kgダイエットする方法として、サプリの使用を紹介します。

短期で10kg痩せるサプリ、これがあればダイエットなんてしなくて良いですよね。

そんなサプリがあるとしたら、どんな効果、作用があるか気になります。

 

短期で10kg痩せるサプリは、サプリを使う人の体質も関係してくるので、基本的には存在しません。

 

しかし、食事制限とダイエット効果を加速させるサプリに加えて、運動をすれば10kg減はグッと現実的になります。

 

サプリがダイエット効果を促進してくれるのは、多くの口コミや実例から明らかです。

しかし、サプリはあくまでもダイエットのサポート食品です。

 

サプリだけを飲んで、食事制限も運動もせず10kg痩せるのは不可能に近いと言えます。

そんなサプリがあれば爆発的に売れていて、誰もが知っている商品だと思います。

 

ダイエットは基礎となるカロリーコントロール、代謝を上げる運動は不可欠です。

それに加えてサプリを飲む事で、ダイエットの結果は早くでます。

 

ダイエットは短期と長期どっちがいいの?

ダイエットはつらいものです。

なるべく早く終わらせたいと思っている人も多いのかもしれません。

 

ダイエットは短期で行うものというイメージで考えている人も多いかもしれません。

 

そもそも、ダイエットは短期集中で行うのと長期で行うのとではどちらがいいのでしょうか。

 

確実に成功したいなら、長期ダイエットがおすすめです。

 

意外かもしれませんが、長期ダイエットのほうがメリットがおおいのです。

それを知らない人がいつまでたっても、短期ダイエットを繰り返し行っています。

 

短期ダイエットのデメリット

短期ダイエットは、食事制限を行う場合が多いです。

 

最近では、酵素ダイエットも流行っていて、酵素ドリンクを食事代わりに置き換えるファスティングダイエットも人気です。

また、紹介もしましたが糖質制限ダイエットも人気になりました。

 

確かに短期的なダイエットは体重が落ちやすいですが、しかしながら、高い確率でリバウンドしてしまうことも多いです。

 

運動を併用して行うのは別として、食事制限だけでは体重とともに筋肉量が減り、脂肪が燃えにくい体になってしまうのです。

ダイエットは脂肪を減らすために行うので、短期ダイエットでは本質的なダイエットにはならず、一時的なものといえるでしょう。

 

長期ダイエットのメリット

長期ダイエットを行う人は、食事制限はあまりせず、規則正しいバランスのいい食事をしながら、しっかりと運動する人が多いようです。

 

運動をすると自然に筋肉がつき、代謝が上がり、痩せやすい体質になることができます。

代謝を上げるためにはどうしても時間がかかってしまいます。

 

しかし、身についた基礎代謝は自分の財産となり、痩せやすい体質をすっと維持することができます。

これは長期的なダイエットのメリットです。

 

短期ダイエットにはこれは不可能なことなのです。

 

短期的で一気に痩せるという方法もありますが、逆に、長い目で時間がかかるけど少しずつ痩せる。

短期間で目標体重にしたところで、それが一時的なものであれば成功とはいえません。

 

長期ダイエットは、目標体重または適正体重まで落とした後は、調整という形で管理をする程度です。

というわけで、長期ダイエットのほうが理想的なダイエットと言えますね。